【重要】絶対に知っておくべき塗装工事の適正価格

皆様が外壁塗装を検討して最初に悩むのは

「どれぐらいかかるのか?」だと思います。

実際にお問い合わせいただくほとんどのお客様が

適正価格が分からないと不安になられています。

 

私自身も、あまり経験のない商品を購入するとき

『適正価格』がいくらなのか分からなくて

大変不安に駆られ疑心暗鬼になっていました。

 

そこで今回は塗装工事の適正価格について

詳しく解説していきましょう!

 

 

塗装工事の適正価格とは

会社によって価格が違う3つの理由

見積書を見るときの2つの注意点

 

これから塗装工事をお考えの方必見です!

 

 

 

1.塗装工事の適正価格とは


 

 

塗装工事の適正価格とは、正確な塗装面積の㎡数×適正単価によって生み出されます。

正確な塗装面積は家を購入した際の図面を参考にしたり、なければ実際にメジャーなどで計測することで容易に㎡数を出すことが出来ます。

ご自身で計測する場合は基本的に、一階当たりの高さを3mとして計算し、実際に測った建物の横幅をかける事で算出しましょう。

 

例えば、二階建てのお家の一面を計測する場合

 

(例) 8m(横幅)×6m(高さ)=48㎡

 

これはあくまでも一例なのでこのようなに簡単な計算式だけではないこともありますが、必要以上に難しく思われている方も多いと思います。

大事なのは、ご自身で外壁の面積は何㎡あるのかを大体でもいいので知っておくことが重要です!

ここを知らないお客様が多いので、悪徳業者は必要以上に㎡数を上乗せしたりしてお金をかけさせようとします。

 

実際に清本建装にご依頼いただいたお客様から他社様の見積書を拝見さて頂くこともありますが、清本建装が測定した㎡数よりも30㎡も多い見積書を見たこともあります。

なので、ここは出来ればご自身で一度計測してもらい、基準を知っておいてもらったほうが無難です。是非やってみて下さい!

 

 

2.会社によって価格が違う3つの理由


 

 

前述した適正価格とは でご紹介した㎡数が分かれば適正価格が丸わかり!とはいきません。

ここではさらに深堀りしていきます。

 

会社によって価格が違う理由は以下の3つです。

 

会社形態

施工単価

相場がない

 

主にこの3つの理由で価格に違いが出ます。

さらに詳しくご説明します。

 

 

2-1会社形態

 

ここで言う会社形態とは法人か個人か

というお話ではありません。

では何かというと、要するに

塗装職人で運営する職人会社

営業マンで運営する営業会社

この会社形態の違いが価格に大きく影響します。

 

 

~職人会社の場合~

弊社のような職人会社の場合、現地調査から施工までを一貫して塗装職人が行うため無駄な人件費や昨今広く知られた中間マージンが全く必要ありません。

さらに外壁塗装の知識は営業マン以上に現場を知る職人のほうが間違いなく豊富です。

弊社のような会社からすると、個人差はありますが営業マンのように上手く話せないというところはデメリットなのかもしれません。

 

~営業会社の場合~

営業会社の場合、現地調査や見積作成、商談までを営業マンが行い、施工は自分たちでは出来ないのでいわゆる下請け会社に委託するしか方法はありません。

ちなみに清本建装は元々このような営業会社の下請け会社でした。

この場合、営業マンに対する人件費と下請け会社に委託するので中間マージンが発生します。

さらに営業会社と下請け会社の連携は不可欠で、ここの連携不足でお客様とのトラブルになったりします。

実際に経験した私はその大変さと苦悩を知っています。

お客様とのコミュニケーション能力には長けますがコスト、質の両面で職人会社との差は大きいと考えます。

 

 

2-2施工単価

 

施工単価は前述した会社形態によって変化します。

さらに、使用する塗料によっても変わりますし

㎡数によっても変わります。

詳しく説明していきます!

 

 

~会社形態による変化~

ここでは実体験に基づいて記述していきます。

清本建装が下請け会社だった時代、元請け会社から頂ける㎡単価はいつもギリギリでした。

恐らく、お客様から頂いている金額の半分以下です。

主な塗料代は元請け会社が支払うのですが、付帯部の塗料や希釈用のシンナー、養生代などは下請け会社持ちでした。

そこから職人さんの人件費、交通費、ガソリン代、さらに倉庫代や車の維持費まで合わせると死ぬ気で頑張っても雀の涙ほどしか残りませんでした。

清本建装は誓ってそのようなことはありませんでしたが、手抜き工事が起きるほとんどの原因はこの下請け会社に支払う単価の安さです。

しかし今では安定して直接お客様とのご縁を頂き、お客様にお得に工事をご提供できています。まさにWINーWINの関係です。

ですが、営業会社の場合はどうしても中間マージン+営業マンの給料(契約を結んだことによる歩合給も含む)がかかりますので当然、単価は高くなります。

 

~使用塗料による変化~

当然ですが、使用する塗料によって単価は変化します。

昨今、様々な種類の塗料が登場し、お客様の選択肢の幅が格段に増えたと思います。

ですが、それによってこれまではシリコンやフッ素等の塗料の材質で変化していたものが、メーカーごとに単価が変わるようにもなりました。

清本建装がよく使用する『日本ペイント』や『関西ペイント』のような大手メーカーであればインターネット上に塗料ごとの施工単価がいつでも見られますが、情報の少ない塗料メーカーもあるのでここは十分に注意して下さい。

 

~㎡数による変化~

㎡数によって変化する理由は以下の通りです。

1㎡の単価を3,000円で統一した場合、

(例1) 100㎡×3,000円=300,000円

(例2) 10㎡×3,000円=30,000円

となり、例2の場合経費を考えると赤字です。

以上の例は極端ですが、

㎡数が多ければ単価は下がり

㎡数が少なければ単価は上がります。

これは各社違いがありますので、あくまでも

㎡数による単価の変動があるということを理解していて下さい。

 

 

清本建装の施工単価表はこちら!

 

 

2-3相場がない

外壁塗装には相場がないとよく耳にすると思います。

前述したとおり本当に様々な理由から各社の

オリジナルの単価があるために相場がありません。

ですが、インターネットが普及してからは

相場観が安定してきたようにも見えます。

これだけの情報社会といわれる時代、昔ほど

バカみたいな金額を吹っ掛ける業者は減っています。

それでも、お客様を騙す悪徳業者がいるのも事実。

しっかりと外壁塗装について詳しく知っておくと

当然ですが、騙されるリスクは格段に減ります!

 

 

3.見積書を見るときの2つの注意点


 

 

最後の3つ目は、見積書を見るときの2つの注意点です

見積書をもらった時、合計金額だけを見ていませんか?

それだけではその見積もりが適正価格なのかどうか

判断することは出来ません。

それについても詳しく解説いたします!

 

 

3-1見積書の単位をcheck☑

 

通常、外壁や屋根は㎡単価になっています。

しかし中には、『一式』で表記されている

見積書があります。

これは、どう考えてもおかしいですよね?

先程の2-2施工単価でご説明した

㎡数が少ないがために仕方なく一式表記を

するなら分かりますが、家一軒丸ごと一式なんて

ことは、ありえません!

きちんと計測していないから一式表記するんだと

思いますが、その時点でほぼ確実に

壁や屋根の調査、診断なんてしていません。

そのような業者に大切なお家を依頼するのは

大変危険ですし、適正価格は実現できません。

必ず、見積書の単位もチェックしましょう!

 

 

3-2使用する塗料の記載

 

見積書には料金の記載だけではなく、使用する塗料や

その塗料のメーカー等、細かく記載する必要があり、

中には、何も書かず「材料はシリコン」とだけ

記載している見積書もあります。

それでは、どこのどんな塗料を使われるか

分かりませんよね?適正価格で提供するなら、

使用する塗料や、メーカーを記載しないといけません

ここもきちんと確認しておきましょう!

 

 

 

まとめ


 

いかがでしたか?

今回は、適正価格についてご紹介させていただきました。

せっかくのリフォームを無駄にしない為にも、

かしこく、適正価格で施工を依頼しましょう!

 

清本建装では、プロの外壁診断士が現地調査と御見積書

を作成し実績豊富な職人があなたのお家を塗り替えます

もちろん完全自社施工の為、適正価格でご提供できます

どこよりも質の高い工事を適正な価格であなたのお家

を施工できるよう日々の努力は欠かせません。

見積依頼するなら、適正価格の清本建装まで!

もちろん無料ですので、お気軽にご相談ください!

 

大阪市で外壁塗装、屋根塗装をするなら外壁塗装専門店清本建装

【TEL】0120-93-8522
【所在地】大阪府大阪市生野区巽中3-7-7
【メール】 お問い合わせ≫
【対応エリア】大阪市を中心に大阪府内全域で対応 その他エリアもご相談ください


一覧ページに戻る