塗装工事の基礎知識

清本建装 施工単価表

 

清本建装の施工単価を表にまとめました。

適正価格でのご提供を目指して日々努力しております。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

 

 

施工内容 使用材料、施工箇所、工法 施工単価  

壁塗

シリコン樹脂塗料 ¥2,200~2,500円  

ラジカル制御型塗料

¥2,500~2,800円

 

フッ素樹脂塗料

¥3,300~3,600円  
無機塗料

¥3,800~¥4,000円

 
屋根塗装 ウレタン樹脂塗料 ¥1,700~¥1,900円  
シリコン樹脂塗料 ¥2,300~2,600円  
ラジカル制御型塗料 ¥2,700~¥3,000円  
フッ素樹脂塗料 ¥3,200~¥3,600円  
付帯部塗装  雨樋 ¥800~¥1,000円  
 雨戸(1枚あたり)  ¥1,800~¥2,000円  
 破風板 ¥1,000~1,200円   
 軒天井 ¥1,200~1,500円   
 水切り ¥800~1,000円   
シーリング工事 

増し打ち  ¥600~900円   
打ち替え ¥1,000~1,200円  

※施工単価は㎡数またはm数によって変動します。

※遮熱塗料、断熱塗料は別途ご相談ください。


【重要】絶対に知っておくべき塗装工事の適正価格

皆様が外壁塗装を検討して最初に悩むのは

「どれぐらいかかるのか?」だと思います。

実際にお問い合わせいただくほとんどのお客様が

適正価格が分からないと不安になられています。

 

私自身も、あまり経験のない商品を購入するとき

『適正価格』が分からなくて

大変不安に駆られ疑心暗鬼になっていました。

 

そこで今回は塗装工事の適正価格について

詳しく解説していきましょう!

 

 

塗装工事の適正価格とは

会社によって価格が違う3つの理由

見積書を見るときの2つの注意点

 

これから塗装工事をお考えの方必見です!

 

 

 

1.塗装工事の適正価格とは


 

 

塗装工事の適正価格とは、正確な塗装面積の㎡数×適正単価によって生み出されます。

正確な塗装面積は家を購入した際の図面を参考にしたり、なければ実際にメジャーなどで計測することで容易に㎡数を出すことが出来ます。

ご自身で計測する場合は基本的に、一階当たりの高さを3mとして計算し、実際に測った建物の横幅をかける事で算出しましょう。

 

例えば、二階建てのお家の一面を計測する場合

 

(例) 8m(横幅)×6m(高さ)=48㎡

 

これはあくまでも一例なのでこのようなに簡単な計算式だけではないこともありますが、必要以上に難しく思われている方も多いと思います。

大事なのは、ご自身で外壁の面積は何㎡あるのかを大体でもいいので知っておくことが重要です!

ここを知らないお客様が多いので、悪徳業者は必要以上に㎡数を上乗せしたりしてお金をかけさせようとします。

 

実際に清本建装にご依頼いただいたお客様から他社様の見積書を拝見さて頂くこともありますが、清本建装が測定した㎡数よりも30㎡も多い見積書を見たこともあります。

なので、ここは出来ればご自身で一度計測してもらい、基準を知っておいてもらったほうが無難です。是非やってみて下さい!

 

 

2.会社によって価格が違う3つの理由


 

 

前述した適正価格とは でご紹介した㎡数が分かれば適正価格が丸わかり!とはいきません。

ここではさらに深堀りしていきます。

 

会社によって価格が違う理由は以下の3つです。

 

会社形態

施工単価

相場がない

 

主にこの3つの理由で価格に違いが出ます。

さらに詳しくご説明します。

 

 

2-1会社形態

 

ここで言う会社形態とは法人か個人か

というお話ではありません。

では何かというと、要するに

塗装職人で運営する職人会社

営業マンで運営する営業会社

この会社形態の違いが価格に大きく影響します。

 

 

~職人会社の場合~

弊社のような職人会社の場合、現地調査から施工までを一貫して塗装職人が行うため無駄な人件費や昨今広く知られた中間マージンが全く必要ありません。

さらに外壁塗装の知識は営業マン以上に現場を知る職人のほうが間違いなく豊富です。

弊社のような会社からすると、個人差はありますが営業マンのように上手く話せないというところはデメリットなのかもしれません。

 

~営業会社の場合~

営業会社の場合、現地調査や見積作成、商談までを営業マンが行い、施工は自分たちでは出来ないのでいわゆる下請け会社に委託するしか方法はありません。

ちなみに清本建装は元々このような営業会社の下請け会社でした。

この場合、営業マンに対する人件費と下請け会社に委託するので中間マージンが発生します。

さらに営業会社と下請け会社の連携は不可欠で、ここの連携不足でお客様とのトラブルになったりします。

実際に経験した私はその大変さと苦悩を知っています。

お客様とのコミュニケーション能力には長けますがコスト、質の両面で職人会社との差は大きいと考えます。

 

 

2-2施工単価

 

施工単価は前述した会社形態によって変化します。

さらに、使用する塗料によっても変わりますし

㎡数によっても変わります。

詳しく説明していきます!

 

 

~会社形態による変化~

ここでは実体験に基づいて記述していきます。

清本建装が下請け会社だった時代、元請け会社から頂ける㎡単価はいつもギリギリでした。

恐らく、お客様から頂いている金額の半分以下です。

主な塗料代は元請け会社が支払うのですが、付帯部の塗料や希釈用のシンナー、養生代などは下請け会社持ちでした。

そこから職人さんの人件費、交通費、ガソリン代、さらに倉庫代や車の維持費まで合わせると死ぬ気で頑張っても雀の涙ほどしか残りませんでした。

清本建装は誓ってそのようなことはありませんでしたが、手抜き工事が起きるほとんどの原因はこの下請け会社に支払う単価の安さです。

しかし今では安定して直接お客様とのご縁を頂き、お客様にお得に工事をご提供できています。まさにWINーWINの関係です。

ですが、営業会社の場合はどうしても中間マージン+営業マンの給料(契約を結んだことによる歩合給も含む)がかかりますので当然、単価は高くなります。

 

~使用塗料による変化~

当然ですが、使用する塗料によって単価は変化します。

昨今、様々な種類の塗料が登場し、お客様の選択肢の幅が格段に増えたと思います。

ですが、それによってこれまではシリコンやフッ素等の塗料の材質で変化していたものが、メーカーごとに単価が変わるようにもなりました。

清本建装がよく使用する『日本ペイント』や『関西ペイント』のような大手メーカーであればインターネット上に塗料ごとの施工単価がいつでも見られますが、情報の少ない塗料メーカーもあるのでここは十分に注意して下さい。

 

~㎡数による変化~

㎡数によって変化する理由は以下の通りです。

1㎡の単価を3,000円で統一した場合、

(例1) 100㎡×3,000円=300,000円

(例2) 10㎡×3,000円=30,000円

となり、例2の場合経費を考えると赤字です。

以上の例は極端ですが、

㎡数が多ければ単価は下がり

㎡数が少なければ単価は上がります。

これは各社違いがありますので、あくまでも

㎡数による単価の変動があるということを理解していて下さい。

 

 

清本建装の施工単価表はこちら!

 

 

2-3相場がない

外壁塗装には相場がないとよく耳にすると思います。

前述したとおり本当に様々な理由から各社の

オリジナルの単価があるために相場がありません。

ですが、インターネットが普及してからは

相場観が安定してきたようにも見えます。

これだけの情報社会といわれる時代、昔ほど

バカみたいな金額を吹っ掛ける業者は減っています。

それでも、お客様を騙す悪徳業者がいるのも事実。

しっかりと外壁塗装について詳しく知っておくと

当然ですが、騙されるリスクは格段に減ります!

 

 

3.見積書を見るときの2つの注意点


 

 

最後の3つ目は、見積書を見るときの2つの注意点です

見積書をもらった時、合計金額だけを見ていませんか?

それだけではその見積もりが適正価格なのかどうか

判断することは出来ません。

それについても詳しく解説いたします!

 

 

3-1見積書の単位をcheck☑

 

通常、外壁や屋根は㎡単価になっています。

しかし中には、『一式』で表記されている

見積書があります。

これは、どう考えてもおかしいですよね?

先程の2-2施工単価でご説明した

㎡数が少ないがために仕方なく一式表記を

するなら分かりますが、家一軒丸ごと一式なんて

ことは、ありえません!

きちんと計測していないから一式表記するんだと

思いますが、その時点でほぼ確実に

壁や屋根の調査、診断なんてしていません。

そのような業者に大切なお家を依頼するのは

大変危険ですし、適正価格は実現できません。

必ず、見積書の単位もチェックしましょう!

 

 

3-2使用する塗料の記載

 

見積書には料金の記載だけではなく、使用する塗料や

その塗料のメーカー等、細かく記載する必要があり、

中には、何も書かず「材料はシリコン」とだけ

記載している見積書もあります。

それでは、どこのどんな塗料を使われるか

分かりませんよね?適正価格で提供するなら、

使用する塗料や、メーカーを記載しないといけません

ここもきちんと確認しておきましょう!

 

 

 

まとめ


 

いかがでしたか?

今回は、適正価格についてご紹介させていただきました。

せっかくのリフォームを無駄にしない為にも、

かしこく、適正価格で施工を依頼しましょう!

 

清本建装では、プロの外壁診断士が現地調査と御見積書

を作成し実績豊富な職人があなたのお家を塗り替えます

もちろん完全自社施工の為、適正価格でご提供できます

どこよりも質の高い工事を適正な価格であなたのお家

を施工できるよう日々の努力は欠かせません。

見積依頼するなら、適正価格の清本建装まで!

もちろん無料ですので、お気軽にご相談ください!

 


おすすめの塗料 コスパが最高!シリコン編

いつもお世話になっております。外壁塗装専門店、清本建装代表の清本 敏です。

 

今日は皆様が外壁塗装をお考えになると必ずお悩みになる塗料についてご説明が出来たらと思います!

 

皆様がこの記事を見ているという事は、施工前でかなりお悩みになっているか、これから検討していくかのどちらかだと思います。

 

ここでは、私がおすすめする塗料を2種類ご紹介させて頂きますが、

 

今回は両方とも日本ペイント社のコスパ最高シリコン塗料をご紹介させて頂きますので、

 

日本ペイント社以外のメーカーやシリコン塗料以外をご希望の方は、別の記事をお読みください。

 

早速ですが、塗装職人が実際に施工して選ぶおすすめのコスパ最高のシリコン塗料一つ目は・・・

 

オーデフレッシュSi100Ⅲです!!!

 

まずは日本ペイントがご紹介するこの塗料の特徴をご紹介します。(日本ペイント資料引用)

 

1.高耐久性

高耐久性シリコン系樹脂に最先端の1液水性硬化技術を組み合わせ当社独自の技術により、優れた耐久性を実現しました。

 

2.低汚染性

親水化技術により外壁の美観を損なう雨垂れ汚染から建物を守り、美しさを長持ちさせます。

 

3.多彩な仕様

各種外壁の塗り替えに幅広く適用できます。また各種下塗りを組み合わせることで、躯体のひび割れに対し、抜群の追従性、防水機能を発揮させることができます。

 

4.防藻・防かび機能

藻・かびの発生を抑え、建物の美観と清潔な環境を守ります。

 

5.オール水性システム

下塗りから上塗りまで全て水性塗料での施工が可能です。取り扱いが安全で、低臭です。環境にやさしい水性塗料です。

 

以上が日本ペイントが紹介するオーデフレッシュSi100Ⅲの特徴ですが、ここからはこの塗料を実際に使ってみた

 

塗装職人である私なりのご紹介をさせて頂きたいと思います!

 

まずは、なんと言っても伸びがいいんです。

 

つまり施工側からすると何回もローラーを塗料につけなくても塗らなくてもスーッとローラーが走ってくれるので、

 

塗っていても心地がすごく良いんです。いい塗料は塗装職人が心地いいと思えるんです!

 

またこの伸びの良さが3番の抜群の追従性につながっていると思います!やはり地震の多い日本には大変助かりますよね!

 

あとは、金属サイディング以外の壁材であれば基本的にどんな外壁にも塗装できるのも素晴らしいです。

 

金属サイディングは、やはり水性塗料との相性があまり良くないためおすすめは油性塗料になります。

 

金属サイディングに関してはまたの機会に必ずご紹介いたしますのでご自宅が金属サイディングのお客様は少々お待ちください(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

続いてご紹介させて頂く2つ目の塗料は・・・

 

水性シリコンセラUVです!

 

ここでもオーデフレッシュSi100Ⅲ同様、日本ペイントがご紹介するこの塗料の特徴をご紹介します。(日本ペイント資料引用)

 

1.環境にやさしい

下塗りから上塗りまで全て水性塗料での施工が可能です。取り扱いが安全で、嫌な臭いもありません。水性シリコンセラUVは環境にやさしい水性塗料です。

 

2.高耐久性

水性シリコンセラUVは、紫外線放射量の増加による塗膜の劣化を想定し開発されました。水性シリコンセラUVなら外壁の劣化を抑え、高い耐久性を発揮します。

 

3.低汚染性

お住まいの外観を清潔に、長時間美しく保つことができます。水性シリコンセラUVは、外壁の汚染に対して優れた効果を発揮します。さらに、防藻・防かび機能もありますので、いやな藻やかび菌の発生を抑制することができます。

 

4.幅広いつや調整機能が可能です

水性シリコンセラUVは様々な光沢感の外観に仕上げることができます。お好みに応じて、つや有り~つや消しまで幅広いつやが選べます。

 

5.シーラーは抜群の密着性です

ニッペ水性シリコン浸透シーラーは、水性でありながら優れた浸透性があり、シリコン・エポキシ反応効果により密着性に優れたシーラーです。ニッペパーフェクトサーフは、シーラーとフィラーの機能を兼ね備え、密着に優れ、省工程での施工が可能です。きめ細かい(超平滑)ので、上塗りの吸い込みが少なく、光沢のある仕上がりが得られます。

 

6.サーフェーサーは耐シーリング汚染性と目止め効果が抜群です

ニッペ水性シリコンエポサーフはシリコン・エポキシ反応によるマイクロガード機構により、水性サーフェーサーでありながらシーリング汚染を防止することができます。(シーリング材の種類・銘柄によっては多少差異があります。)また面粗度の荒い下地に対して厚膜に付着し、素晴らしい仕上がりが得られます。

 

ここでも塗装職人である私なりの評価をさせて頂きます!

 

水性シリコンセラUVはオーデフレッシュSi100Ⅲ同様、塗装職人が塗りながら惚れ惚れしてしまう最高の塗料ですが、まずはなんといっても

 

セラミックが配合されているので、シリコンとセラミックのW効果が得られます!

 

つまり、セラミックの頑丈さとシリコンの伸縮性が合わさるまさにコスパ最強塗料です!!

 

あとは、名前の通りUV加工された塗料ですので紫外線が強い地域には大変適しています。

 

ですが、ひとつだけ難点があります。それは、モルタル外壁や、ALC外壁には最高の相性を持ちますが、

 

金属サイディングはもちろんフッ素コーティングされた窯業系サイディングにもおすすめは出来ません。

 

それ以外は機能性に優れた本当にいい塗料であると思います!

 

 

 

 

以上が今回お伝えさせて頂いた塗装職人が選ぶコスパ最高のシリコン塗料でした!

 

次回のおすすめ塗料シリーズはラジカル制御型塗料について、塗装職人の観点からご紹介させて頂きます。

 

 

 

清本建装では、すでに他社様で施工予定、または施工中の方でも塗装工事に関してのご質問を年中無休で承っております!

塗装工事以外でも、屋根の葺き替えや、外壁の張替えに関してもご対応させて頂いたおります!

当然ですが、お見積りから現地調査、外壁のプロによる外壁診断も無償でご利用いただけます。もちろん強引な営業は一切致しません!!!

わからないことは気にせずお気軽にご相談ください!いつでも心よりお待ちしております!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。